新婚夫婦の生活費、どれくらいが理想?平均は?

新婚夫婦の生活費、どれくらいが理想?平均は?

新婚生活を始めたのはいいけれど、思ったよりも「生活費」の支出が重くのしかかる新婚カップルは多いのではないでしょうか。

新婚期間は夫婦だけの生活が続く時期であることが多いです。そのため、新婚夫婦の生活費の目安や平均を知り、理想的な生活費について夫婦で一度じっくり考えることは、出産、教育、マイホーム購入など、将来のライフプランを見据えた貯蓄に効果的です。

この記事では、新婚夫婦の生活費の理想的な金額や、生活費を節約するポイントについて、具体例を挙げながら解説します。

※本記事の内容は公開日時点の情報となります。 法令や情報などは更新されていることもありますので、最新情報を確かめていただくようお願いいたします。

新婚生活をする上での生活費、どれくらいが理想?

新婚期間は新生活のための支出が増加する一方、夫婦2人ならファミリー世帯よりも育児にかかる出費を抑えられるため、貯蓄に適した時期であると言えます。新婚夫婦の理想的な貯蓄額は家計の状況によって異なります。どちらかが専業主婦(主夫)であれば収入の10%を、共働きであれば収入の20% を貯蓄額の目標にしましょう。

厚生労働省の「2019年 国民生活基礎調査の概況」によると、20代夫婦(世帯主が29歳以下)、30代夫婦(世帯主が30~39歳)の世帯収入は次の通りです。

【図1】20代・30代夫婦の世帯年収

 平均所得(月収目安※)(月の手取り 目安※)
20代夫婦362.6万円約25.9万円約20.7万円
30代夫婦614.8万円約43.9万円約35.1万円

[出典]「平均所得」は厚生労働省「2019年 国民生活基礎調査の概況」をもとに株式会社ぱむ作成
※「月収目安」は平均所得を14で割って算出、「月の手取り目安」は月収目安の80%として算出

手取り目安の20%を貯蓄にまわすとすると、20代夫婦は毎月約4万1,400円、30代夫婦は約7万200円です。手取り目安からこの額を差し引くと、20代夫婦の理想の生活費は毎月約16万5,600円、30代夫婦は約28万800円ということになります。

※ただし、これはあくまで目安です。夫婦の収入や現在の貯蓄額によっても、必要な生活費は変わってきます。

あなたのご家庭はいかがですか?月々の生活費や貯蓄額について夫婦で考えたことはありますか?

新婚夫婦の生活費を具体的にシミュレーション

新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」によると、新婚夫婦の1ヵ月の平均生活費は22万円で、その内訳は以下の通りです。

【図2】新婚夫婦の1ヵ月の生活費

支出項目平均額
住宅費(住宅ローン返済額含む)7.9万円
食費4.1万円
光熱費・通信費2.2万円
保険料2.2万円
被服・理容費1.6万円
交際費、趣味・レジャー費2.6万円
その他2.9万円

[出典]「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」をもとに株式会社ぱむ作成

新婚生活にかかる費用を抑えるには、生活費のバランスが大切です。物価が異なる都会と地方では、やりくりが異なるため注意しましょう。

生活費のバランスの目安

一般的に、新婚夫婦の理想的な生活費のバランスは次の通りです。

【図3】理想的な生活費のバランス

 手取り収入に対する割合20代夫婦30代夫婦
住居費(家賃・住宅ローン)20~30%約4.1~6.2万円約7~10.5万円
貯蓄20%約4.1万円約7万円
食費15%約3.1万円約5.3万円
通信費6%約1.2万円約2.1万円
娯楽費・交際費6%約1.2万円約2.1万円
水道光熱費5%約1万円約1.8万円
保険料4%約0.8万円約1.4万円
被服費3%約0.6万円約1.1万円
日用雑貨2%約0.4万円約0.7万円
こづかい2%約0.4万円約0.7万円
その他3%約0.6万円約1.1万円

実際には、新婚家庭ごとの状況や、夫婦の趣味、住んでいる地域によって生活費の項目の優先順位は変わります。上記の数字を参考にしながら、夫婦でよく話し合い、生活費の理想的な内訳を見つけましょう。

以下から、夫婦の収入や実際にかかっている生活費を入力することで、理想とのギャップを確認するためのチェックシートをダウンロードすることができます。

物価が違うため、地域によって生活費が異なる

生活費のバランスは、都内在住か・地方在住かによっても変わります。「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」によると、物価が高い首都圏の方が、より生活費のやりくり上手さを求められることがわかります。

【図4】新婚夫婦の生活費の状況

新婚夫婦の生活費の状況

[出典] 「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」をもとに株式会社ぱむ作成
※首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)、東海地方(愛知県・岐阜県・三重県)、関西地方(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県)

生活費の分担や管理、みんなはどうしている?

家計を管理するには、夫婦でしっかり話し合うことが大切です。共働き・専業主婦など家庭の事情に合わせ、役割分担を明確にしましょう。

夫婦の役割分担の例として、次の3つが挙げられます。

【図5】夫婦の役割分担(例)

新婚生活実態調査2020(リクルートブライダル総研調べ)」によれば、夫婦の家計管理状況で最も多いのは、生活費支出または生活費管理は夫婦どちらか一方が実施するという回答で、全体の59.4%を占めています。次点で生活費支出・生活費管理ともに夫婦二人で実施するという「家計共有型」が23.9%、生活費支出・生活費管理は夫婦それぞれで実施するという「家計独立型」が13.1%です。

上記の結果では「家計共有型」や「家計独立型」が少なく見えますが、いずれも2018年調査よりも割合が増えています。

家計共有型には、毎月の支出額を夫婦で共有し、家計を「見える化」できるというメリットがあります。一方、家計独立型には、家庭内での役割分担の違いや、夫婦の収入の違いを反映させやすいというメリットがあります。

男女共同参画局「男女共同参画白書(概要版) 平成30年版」によると、昭和55年以降の共働き世帯数の推移は以下の通りで、平成29年には共働き世帯が専業主婦世帯の約1.85倍になっています。

【図6】専業主婦世帯数と共働き世帯数の推移

[出典] 男女共同参画局「男女共同参画白書(概要版) 平成30年版」より引用

新婚生活をスタートさせるにあたって、まず夫婦で話し合い、どの方法で家計を管理するかを決めましょう。

今からできる!上手に貯蓄するポイント

生活費を見直すため、今からできることは次の3つです。

*1.家計簿をつけて生活費を「見える化」する

*2.強制的に「貯蓄する習慣」をつける

*3.「固定費」を圧縮する

これら3つが優先的に始められる家計改善の重要ポイントです。

1.家計簿をつけて生活費を「見える化」

毎月どれだけのお金が出ているか把握することが、生活費節約の第一歩です。 夫婦で財布を共有する家計共有型はもちろん、生活費の項目別に支払いをわける家計独立型でも、お互いの支出状況を共有することが大切です。最近は紙の家計簿に限らず、スマホやタブレットのアプリで、簡単に家計簿をつけられます。毎月の生活費を家計簿で「見える化」して、節約ポイントを探しましょう。

2.強制的に「貯蓄する習慣」をつける

ついつい無駄なお金を使ってしまう新婚家庭は、「貯蓄する習慣」を取り入れましょう。

代表的な貯蓄方法として、毎日500円貯金する「500円玉貯金」があります。もっと有効なのは、積立定期などを活用し、給料日に貯蓄額を簡単に引き出せないところに移してしまうことです。ただし、銀行口座に小銭や硬貨を入金すると手数料が必要な場合がありますので、注意してください。

預貯金以外の金融商品でも、口座引き去りで将来の資金を準備するものがありますので、検討してみましょう。

セカンドライフの資金を計画的に準備していきたい方は、個人年金保険へ加入し、保険料を口座引き去りにするのもおすすめです。

フコク生命の個人年金保険「みらいプラス」の詳細はこちら

限られたお金で生活費をやりくりするため、嫌でも節約する習慣が身につきます。

3.「固定費」を圧縮

生活費で一番の改善ポイントは、住居費、通信費、保険料などの「固定費」にあります。

固定費のなかでも、特に住居費(家賃・住宅ローン)は家計の約20~30%を占めており、もっとも節約したい項目です。マイホームを購入する方は、住宅ローンの借入額に注意し、余裕を持った金額設定にしましょう。すでに住宅ローンを借りている方は、借り換えという選択肢もあります。

また、固定費を見直す際は、生命保険をはじめとした保険も見直してみましょう。特に新婚家庭で多いのは、独身時代の保険をそのまま継続しているケースです。
親が自分にかけている保険、入社時に入った保険などを見直してみると、今の状況に合っていないこともあるでしょう。

病気やケガで働けなくなったときのための「就業不能保険」や、万が一のときにパートナーの生活を守る「収入保障保険」など結婚して守るべきものができた今、必要な保険は何なのか整理してみましょう。

フコク生命の就業不能保険「はたらくささえプラス」の詳細はこちら

新婚カップルのための保険の選び方は「新婚カップル必見!FPおすすめの保険の選び方」で紹介していますので、あわせて確認してみてください。

また、出産が分かったら、学資保険の加入を検討することもあるでしょう。新婚生活がスタートしたら加入している保険会社に相談してみましょう。

まとめ

この記事では、新婚カップルの生活費の目安や、家計を賢く管理するためのポイントを解説しました。

20代新婚夫婦の生活費の理想は16万5,600円、30代の新婚夫婦は28万800円です。

毎月の出費を減らすには、生活費を節約しましょう。
生活費の内訳を見直し、お金をかけすぎている項目がないかチェックすることが大切です。
生活費の節約の第一歩は、夫婦で話し合い、家計の管理方法を決めることです。

どのような方法をとる場合でも、家計簿をつけると毎月の収支が「見える化」され、節約ポイントがはっきりします。もっとも節約効果があるのは、家計の30~40%を占める「固定費」です。住宅ローンや保険を見直すことでも、生活費の削減ができるかもしれません。毎月のやりくりに困っているご家庭では、ぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。

※本記事は2020年10月1日に公開した内容を2021年10月29日に内容を更新して掲載しています。
※本記事の内容は公開日時点の情報となります。
法令や情報などは更新されていることもありますので、最新情報を確かめていただくようお願いいたします。

記事提供元:株式会社ぱむ