保険の見直しって必要?見直しのタイミングやポイントを解説!

保険の見直しって必要?見直しのタイミングやポイントを解説!

加入したときに保険の内容を十分検討したので、ずっとそのままで大丈夫だと思っていませんか?生命保険はライフステージごとに見直しをしないと、保障が不足してしまうことや過剰に保障がついてしまい保険料が高くついてしまう可能性があります。この記事では、保険を定期的に見直すことが大切な理由、そして見直しのタイミングやポイントについて紹介しています。

※本記事の内容は公開日時点の情報となります。
法令や情報などは更新されていることもありますので、最新情報を確かめていただくようお願いいたします。

※ 本記事では、一般的な例を記載しています。本記事で言及している保険商品・保障内容等について、当社では取り扱いの無い場合がございます。
詳細は取り扱いのある金融機関にお問い合わせください。

保険は見直しが必要!?その理由とは

保険の効果を最大限に発揮するためには、定期的な見直しが必要です。加入時は自分にぴったりの保険に加入しても、仮に結婚をして配偶者や子どもができた場合は、自分に万が一のことがあった場合の保障を上乗せしておきたいものです。

また配偶者や子どものために加入した保険は、ライフスタイルや時代の変化に合わせて定期的に見直す必要があります。

例えば、子どもが独立して自分で収入を得るようになり、なおかつ夫婦二人とも公的年金を受け取り始めると、死亡時のための大きな金額の保障を用意しなくてもよいかもしれません。

このように、自分が今おかれているライフステージに適した保障内容にしておかないと、保障の不足や、大きすぎる保障で月々の保険料の無駄が生じる可能性があるのです。

保険を見直すタイミングはいつ?

就活生

保険を見直すタイミングはいつが良いのでしょうか?ここでは、生命保険の見直しに適したタイミングの一例を紹介します。

就職をした

就職をして収入を得られるようになっても、十分な貯蓄がある人は少ないでしょう。そんな矢先に、ケガや病気で医療費の負担が生じると、家計への大きな負担となったり、支払いが難しく両親のお世話になったりする方もいるかもしれません。病気になって仕事ができなくなる可能性もあります。

また、自分に万一のことがあった場合の葬儀代の費用についても、死亡保障で備えておきたいところです。死亡保障は死亡だけでなく、所定の高度障害状態も保障することを合わせて覚えておきましょう。

若いうちは、医療保険や就業不能保障などの生きるための保障を中心に準備し、高度障害状態や葬儀代などに備え、一定の死亡保障も合わせてつけるのがおすすめです。

結婚をした

結婚をすると、一家の大黒柱となったり、専業主婦(夫)になったり、共働きになったり、どのようなライフスタイルでも家族に対する責任が生じます。

例えば、一家の大黒柱は万一のことがあっても家族が問題なく生活を送れるよう、大きな保障を用意しておく必要性が高まります。

専業主婦(夫)も万一のことがあれば、家族は働きながら介護、家事などをするために、ホームヘルパー、家事代行などをお願いする必要があるかもしれません。

共働きでも、片方が働けなくなったり病気になったりしたら、相手を支えるために生活が変化する可能性があります。相手の介護や病気の治療で大きな費用がかかったり、場合によっては休職をしたりするかもしれません。

また、どんなライフスタイルでも、万一の際は配偶者の生活基盤を整えるための資金が必要になります。それを貯蓄のみでまかなおうとすると、貯蓄が大きく減ってしまうかもしれません。子どもが欲しい、住宅購入をしたいなど、結婚をしたら思い描いている生活があると思いますが、万一が起こって貯蓄が減ってしまうと可能性や生活の選択肢が狭まってしまいます。そのため、「貯蓄を守るために保険に加入する」という考え方もあります。

このように、結婚をしたら相手に対する責任が生じますし、将来の夢が変わりますから、独身のときに比べて必要な保障が違ってきます。独身のときに保険に加入していても、夫婦ともに保障内容や保険金額などの保険の見直しをすることが大切です。

子どもが生まれた

子どもが生まれると、生活費が単純に増加することに加え、将来の教育費も必要になります。そのため、万一の保障は夫婦のみの世帯よりもさらに大きな保障が必要になります。

また、保護者に万一があっても、お子さまにはそれを理由に将来をあきらめて欲しくないですよね。配偶者だけでなく、お子さまの将来も考えた保障を用意しておくのがおすすめです。

教育費の支出がピークになる大学入学前後に向けて、貯蓄の代わりかつ万一の保障となる学資保険を検討してみましょう。学資保険には保険料払込免除となる商品もあります。保険料払込免除とは、契約者に万一のことがあった場合などに、それ以降の保険料を支払わなくても契約時に決めた祝金や満期保険金を受け取れる保障機能です。
貯蓄や資産運用などに加えて、学資保険でも教育費の準備をすることをおすすめします。
特に、私立か公立かで教育費は大きく違ってきます。気になる方は、こちらで教育費のシミュレーションをしておきましょう。

住宅を購入した

住宅購入は生命保険見直しのチャンスと言われています。これは住宅購入の際、多くの方が住宅ローンを利用しますが、住宅ローンは団体信用生命保険(通称:団信(だんしん))の契約をする必要があるためです。団信に加入すると、返済中の債務者に万一のことがあったときは、住宅ローンの残債がゼロになります。

団信に加入すると、自分に必要な生命保険の必要保障額を減らせる可能性があり、月々の保険料を抑えることにも繋がります。住宅ローンを組んだら、保険の見直しがおすすめです。
団信について詳しく知りたい方はこちらの記事をご確認ください。

子どもの独立

子どもが独立をすると、お子さまの生活費や教育費を準備する必要がなくなるため、死亡保障の必要性は一般的に減少します。死亡保障は配偶者の生活費を中心に考えましょう。
一方で、年齢とともに医療や介護のリスクは高まりますし、老後の備えは十分でしょうか。急な医療費や介護費の支出で老後の備えを取り崩すことのないよう、健康リスクへの備えを充実させるのがおすすめです。

医療保険への加入を検討したり、介護のリスクに備えて介護保障を手厚くしたりしても良いでしょう。

自分が自営業者になった

これまで勤めていた会社を退職して、フリーランスや自営業などで独立する場合も見直しの必要性は高いと言えます。なお、もともとフリーランスや自営業の方もここに当てはまります。

フリーランスや自営業者の多くはは国民健康保険に加入しています。 国民健康保険では、働けなくなったら障害基礎年金、万一のときは遺族基礎年金が要件を満たせば支給されます。
しかし、国民健康保険被保険者には病気やケガで働けなくなった場合の収入となる傷病手当金がありません。また、厚生年金に加入していないので、障害厚生年金が無く、さらに万一のことがあっても遺族厚生年金が支給されません。つまり、会社員や公務員と比べると公的保障だけでは不足することもあります。

フリーランスや自営業者として独立をした場合は、生命保険の保険金額の増額や、就業不能保険への加入で公的保障の不足を補うことを検討しましょう。

フコク生命では「ちょうどいい安心」を実現するために、保険選びの参考になるコンテンツを用意しています。
就職・結婚・お子さまの誕生・セカンドライフ……保険を選ぶうえでライフステージごとに参考にしたいデータをこちらにまとめました。

保険を見直すときのチェックポイント4つ

机で話す男女

保険を見直す際に心がけておきたい四つのチェックポイントを紹介します。

ライフステージに合っているか

ここまで紹介してきたように、ライフステージによって必要となる保険は異なるため、今のライフステージにあった保障になっているかをまずは確認しましょう。

保障が現在の社会保障や医療保険事情を反映しているか

加入当初は自分にぴったりの保険であったとしても、公的保障の変化、医療技術の進化で、保障内容が合わなくなっている可能性があります。時代に合わせて保険も進化しています。例えば、入院の短期化に対応して、一時金を拡充している医療保険が増えていますし、長期間働けなくなり収入が減少した場合のリスクを保障する就業不能保険が登場しています。加入している保険が、現在の社会保障や医療の事情を反映したものになっているかの確認をし、今の保険が時代に合っているかどうか保障内容を見直しましょう。

保険料は適切か

必要以上に保障をつけていたり、複数の保険に加入したため保障が重複していると、月々の保険料を過剰に支払っているかもしれません。しかし、やみくもに保険料を下げてしまうと、必要な時に保障が受けられません。備えたいリスクの優先度をもとに必要な保障額を把握することが重要です。各保障の内容を十分に理解し、保険の見直しをしましょう。

必要な保障額の把握は個人では難しいので、保険会社に相談してみることをおすすめします。

保険期間は適切か

加入している保険が「全期型」「更新型」かご存じでしょうか。全期型は保険加入時から保険料が全期間変わりませんが、加入当初の保険料は更新型より高くなる傾向があります。一方の更新型は加入当初は安いのですが、更新をすると保険料が上がっていきます。大学進学などの教育の負担が大きいときと更新が重なると、保険料が高すぎて保障を減らさざるを得ないかもしれません。
どちらがよいかはライフスタイルや考え方によりますが、無理のない保険期間となっているかどうか確認をしておきましょう。

フコク生命ではお客さまにとって「ちょうどいい安心」の実現を目指しています。フコク生命のお客さまアドバイザーからのアドバイスはこちらに掲載していますので、保険の見直しを考えている方はぜひ読んでみてください。

まとめ

就職、結婚、出産、老後のようにライフステージの変化に応じて保険の見直しをしないと、保障の不足や、保険料の無駄が生じる可能性があります。

ライフステージが変わるタイミングで、忘れずに保険の見直しを検討しましょう。保険を見直す際は、①自分のライフステージに合っているか、②今のトレンドにあった保障になっているか、③同じような保険に加入していないか、④保険期間は適切か、これらの4つのポイントを意識することが大切です。

フコク生命は、将来のリスクに対する備えについて、公的保障を含めた収支シミュレーションをもとに、わかりやすくお伝えするサービス「ライフコンパス」をお届けしています。
「ちょうどいい安心」を実現するため、フコク生命のお客さまアドバイザーにぜひご相談ください。

インターネットでのお問合わせ:https://www.fukokulife.co.jp/customerservice/inquiry/input/
資料請求フォーム:https://www.fukokulife.co.jp/request/products/select/

フコク生命お客さまセンター:0120-259-817
受付時間:平日 9:00~17:00(12/30~1/3を除く)

※本記事の内容は公開日時点の情報となります。
法令や情報などは更新されていることもありますので、最新情報を確かめていただくようお願いいたします。

記事提供元:株式会社ぱむ