結婚ラッシュに焦らないための対処法を紹介!

結婚ラッシュに焦らないための対処法を紹介!

結婚を焦ってしまう主なシチュエーションとしては、周囲の結婚ラッシュや親・親族からのプレッシャー、自分の年齢などがあります。しかし、結婚は焦ってするものではありません。

自分にとって最適な結婚のタイミングはいつなのか、本当に結婚する必要があるのかなど、冷静に見つめなおすことが大切です。

この記事では、結婚ラッシュに焦ってしまった時の4つの対処法を解説します。

友人の結婚ラッシュ!自分も…といった焦りは禁物

親しい友人や会社の同僚から結婚・出産の報告を聞くと、自分もそろそろ結婚しないと…と焦ってしまうものです。

しかし、結婚に焦りは禁物です。焦燥感からの婚活は「結婚」にゴールを置いてしまうため、その先の結婚生活や将来設計を考えていなかった、ということになりかねません。

また、友人や親から勧められた相手と勢いで結婚してしまった場合、結婚生活のなかでトラブルがあるたびに「友人(または親)が勧めたから…」と人のせいにしてしまい、新しい家庭を上手く築いていくことができない可能性があります。

結婚を焦ってしまうシチュエーション

結婚を焦ってしまうシチュエーションで多いパターンとしては、自分の年齢、周りからのプレッシャー、周囲の結婚ラッシュなどが挙げられます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. 自分の年齢

晩婚化の傾向にある近年においても、結婚願望がある方にとって、年齢は大きな問題です。内閣省が平成26年度に行った「結婚・家族形成に関する意識調査」によると、結婚に向けて積極的な対応をとる年齢は男女ともに30〜34歳が最も多く、平均で32.1歳という結果が出ています。

20代後半〜30歳前後は同年代の友人や同僚で結婚する方が増えてくるため、結婚に対する意識が強くなるのでしょう。

また、これまで結婚や子どもに関心がなかった方でも、年齢を重ねるごとに「ひとりは寂しい」「家族が欲しい」と思うようになり、徐々に結婚への焦りを募らせるようになる場合もあります。

2. 周りからのプレッシャー

ある程度の年齢になると、家族や親戚、友人などから、「なんで結婚しないの?」「そろそろ真剣に結婚について考えたら」などと、プレッシャーを与えられるケースもあります。

親から「孫の顔が見たい」「新しい家庭を持つところを見て安心したい」など切実な思いをぶつけられると、「早く結婚しないといけないのかな」という気持ちになってしまうでしょう。

3. 周囲の結婚ラッシュ

周囲からのプレッシャーがなくても、友人や同僚から「結婚した」「子供を授かった」という報告を聞くと、だんだんと気持ちが焦ってくるものです。「みんな結婚しているのに、自分がまだ結婚していないのはやばいことなのかも…」と思い込んでしまい、一体何が悪いのか自分で理解できないまま、ただ焦ってしまうのです。

しかし、結婚を焦ってしまう気持ちになる原因について特定することが重要です。

結婚を焦ってしまう本当の理由は?

結婚を焦ってしまうきっかけはさまざまです。まずは自分の心と向き合ってみて、結婚を焦る本当の理由を考えてみましょう。

多くの場合は、決まっていない未来に対する不安や、結婚している周りの方と自分を必要以上に比べてしまい、焦りを募らせてしまうようです。

結婚したからといって、必ずしも幸せな将来を手に入れられるわけではありません。人それぞれ、幸せの形は異なります。

周りに流されて結婚を焦っている方は、自分にとって結婚は本当に必要なものなのかどうか、改めてよく考える必要があるでしょう。

また、結婚するにしても、最適なタイミングは人それぞれです。周りが早く結婚しているからといって、それに合わせる必要はないのです。

長い人生で、結婚はゴールではなく通過点です。結婚する・しない、どちらにせよ、自分らしく生きることを大切にしましょう。

結婚を焦ってしまったときの対処法

結婚に焦ってしまったときは、一度冷静になることが大切です。自分ひとりで思いつめていても、良い結果は生まれません。

ここでは、結婚に焦ってしまったときに覚えておきたい4つの対処法を紹介します。

1. 本当に「今」結婚する必要があるのか見つめなおす

結婚を通過点ではなく「ゴール」と考えてしまう方は、結婚生活に対して過剰な幻想を抱いていたり、とにかく結婚したいからと妥協した末に相手を選んだりした結果、結婚生活が上手く行かず、離婚してしまうケースがあります。

「周りがどんどん結婚していくから」「親にせかされているから」といった理由で結婚を焦っても、自分のためにはなりません。

自分にとって、結婚するタイミングは本当に「今」なのかどうか、結婚する必要があるのかどうか、冷静に見つめなおすことが大切です。

2. 他にやるべきことに集中する

結婚のことばかり考えて自分を追い詰めてしまうと、上手く行かないことにイライラしたり、先に結婚した他人を羨んだりと、過剰なストレスを抱えてしまいます。

結婚は焦れば焦るほど良い結果にはなりません。仕事や自分磨きなど、他にやるべきことに集中し、一度結婚から意識を離してみることも大切です。

趣味を見つけて行動範囲を広げるのも良いでしょう。自分らしく生きていくことで、新たな出会いがあるかもしれません。

3. 自分のライフプランを立ててみる

見えない将来に不安を抱えて結婚を焦っている場合は、5年後、10年後の自分はどうなっていたいか、何をしていたいのかをよく考え、ライフプランを立ててみましょう。今の仕事を続けていきたいか、将来的に子どもが欲しいかどうかなど、できるだけ具体的に考えていくことがポイントです。

自分にとって本当に大切なものは何か、結婚することが幸せなのか、おのずと答えが見えてくるはずです。

4. 「結婚しない」という選択肢も

「多様性」という言葉が浸透し始めている現代において、「結婚しない」という選択肢を視野に入れてみるのも良いかもしれません。

結婚しない生き方には、お金や時間が自由に使えるなどのメリットもあります。くわしく知りたい方は、「「結婚したくない」人が増えている…その理由と背景とは?」もあわせて確認してみてください。

まとめ

結婚のタイミングは人それぞれです。また、すべての方にとって、結婚=幸せというわけではありません。

周りの結婚ラッシュや親からのプレッシャー、自分の年齢などを理由に「早く結婚しなければ、相手を見つけなければ」と焦っても、自分にとって良い結果にはならないでしょう。

周りに流されず、まずは自分にとって「今」が本当に結婚するべきタイミングなのかをよく考えることが大切です。

記事提供元:株式会社ぱむ