【11/23は勤労感謝の日】47都道府県みんなの年収ランキング公開!

47都道府県20代~50代の男女100名ずつに就業形態を聞き、「公務員」「経営者/役員」「契約社員」「派遣社員」を含む会社員の皆さんに個人年収を教えてもらいランキング化しました。47都道府県の平均年収ランキングと、あなたが住む地域の人の平均年収はいくらなのか、全国平均と比べてどうなのか、確認してみましょう。

【アンケート実施時期】2020年8月
【アンケート手法】インターネット調査
【アンケート内容】2019年の個人年収

47都道府県の平均年収ランキング

※20代~50代男女で「公務員」「経営者/役員」「正社員」「契約社員」「派遣社員」の個人年収をもとに算出

第1位 東京都 665万円

第2位 埼玉県 615万円

第3位 神奈川県 607万円

第4位 千葉県 557万円

第5位 愛知県 536万円

第6位 滋賀県 535万円

第7位 大阪府 524万円

第8位 長野県 514万円

第9位 栃木県 504万円

第10位 徳島県 499万円

第11位 広島県 492万円

第11位 群馬県 492万円

第13位 奈良県 490万円

第13位 茨城県 490万円

第15位 新潟県 488万円

第16位 三重県 486万円

第17位 京都府 483万円

第18位 北海道 482万円

第19位 兵庫県 480万円

第19位 福岡県 480万円

第19位 岩手県 480万円

第22位 和歌山県 476万円

第23位 富山県 471万円

第24位 宮城県 467万円

第25位 岡山県 461万円

第26位 熊本県 459万円

第27位 香川県 456万円

第28位 静岡県 454万円

第29位 鳥取県 451万円

第30位 福井県 449万円

第31位 岐阜県 448万円

第32位 山口県 446万円

第33位 石川県 442万円

第33位 宮崎県 442万円

第33位 愛媛県 442万円

第36位 山梨県 433万円

第37位 福島県 429万円

第38位 佐賀県 423万円

第38位 鹿児島県 416万円

第40位 長崎県 413万円

第41位 秋田県 409万円

第42位 青森県 398万円

第42位 山形県 398万円

第43位 島根県 388万円

第45位 沖縄県 384万円

第46位 高知県 383万円

第47位 大分県 373万円

総評

今回のアンケートでは、東京都が堂々の第1位となり、首都圏の1都3県が上位を独占しました。
第47位は大分県で、第1位の東京都とは約300万円の差があることがわかります。

全体的には、やはり関東圏や関西圏都市部の年収が高く、地方都市の年収が低い傾向にありますが、たとえば同じ四国でも徳島県は第10位であるのに対し香川県は第27位、愛媛県は第33位、高知県は第46位で、地方都市では都道府県毎に年収が大きく異なる結果となりました。また、全国平均は470万円で、第23位・富山県と第24位・宮城県の間に位置します。

各都道府県の詳細を見ると、基本的に上位の都道府県は400万円以上600万円未満、下位の都道府県は200万円以上400万円未満がボリュームゾーンでしたが、第5位の愛知県と第42位の山形県は他と大きく異なる特徴がありました。
愛知県は、上位にも関わらず200万円以上400万円未満という回答が36.1%で最も多く、次いで600万円以上800万円未満が32.8%という珍しい内訳でした。山形県は、他の下位の都道府県と同じく200万円以上400万円未満がボリュームゾーンでしたが、その割合は60%と突出しており、加えて200万円未満と1,000万円以上という回答が全くない点が特徴的でした。

また、就業形態を見ると、すべての都道府県で正社員という回答が最も多く、割合が最も高いのは富山県の57.3%、最も低いのは高知県の30.2%でした。

あなたがお住まいの地域の結果はいかがでしたか?

以下では、各都道府県の平均年収や就業形態を知ることができます。気になる都道府県の詳細を、ぜひ確認してみてください。

この記事が面白かった方は、「【9/23は不動産の日】あなたが買った家の値段を教えてください!」もあわせて読んでみてくださいね。

記事提供元:株式会社ぱむ

あなたの地域の平均年収は?